年賀状の写真印刷にこだわって人気者になるコツ

人気写真をマネしよう

毎年出す年賀状の写真にマンネリしてませんか?そんな時はお洒落アイディアが豊富な写真の撮り方をマネすると良いでしょう。

家族写真ウケがいい撮り方

no.1

家族全員ペアルック

おしゃれな家族がやっていると人気が余計に出そうなのが家族全員ペアルックの写真です。わざわざ同じ洋服を買わなくても、同じカラーや柄で縛るだけでもおしゃれな年賀状になるようですよ。

no.2

あえての背中

年賀状写真といえば、顔を見せた写真が一般的ですよね。そこをあえて逆の発想で背中を映した写真もなかなか味があっていいとの支持が集まりました。

no.3

グッズを使う

写真を年賀状にのせるからにはやはりインパクトに残る写真でない限り、記憶に残りません。新年の年数を表すかわいいイラストを持って映るなど工夫をすると良いそうです。

no.4

縦に並んでみる

だんごのように家族全員で縦に並んで写真に写ってみるのもポイントなようです。階段や公園などの背景を使っておしゃれに撮れているとなおGOODとの声もありました。

no.5

真上からの景色

赤ちゃんが産まれて新しい家族ができた人は、真上からシャッターを切った写真もセンスを感じるとの声がありました。また、写真の色をセピアに加工したりするのもおしゃれに見えるようです。

年賀状の写真印刷にこだわって人気者になるコツ

はがき

年賀状の価格相場

年賀状はカラータイプを選ぶ人が多いと思いますが、カラーの価格相場は5千円から7千円代くらいだと頭に入れておきましょう。枚数は平均の50枚で相場を出しています。

年賀状にいれる写真のベスト枚数

年賀状の写真枚数は、映っている人の顔が見やすい一枚を入れるのがベストでしょう。いい写真を沢山見せたくて何枚も入れてしまうと見えにくくなってしまうため枚数選びは重要です。

そもそも年賀状はなぜ出すのか

年賀状は日本の伝統である新年のあいさつ代わりです。そして、年賀状を送る意味としては、この一年でお世話になった方々に送るものだとされています。

年賀状が届くべき日にち

年賀状を出すにあたって、年賀状が届く日にちを知っておく必要があります。それは1月7日です。そのため日にちに合わせて余裕を持って投函することが必要です。

年賀状のマナー

伝えるべきこと

年賀状ですから、まず新年の挨拶の文章をいれましょう。目上の人に年賀状を送る際には挨拶文が「賀正」になっていないかチェックが必要です。

句読点はつけない

手紙や文章を書くときに句読点をつけて書くのがマナーですが、年賀状の場合は違います。年始の挨拶だからこそ句読点をつけないなど言い伝えがあるようです。

縦書きは漢数字で書く

普段から英数字になれているからといって、年賀状でもつい英数字で書かないようにしましょう。大体の場合、年賀状は縦書きなので縦書きの場合は、漢数字で書きます。

写真入りは分ける

目上の人に送る年賀状で写真入りを選ぶと失礼に値する場合があります。そのため、送る相手を考えて分けるのもマナーです。

年号を必ず入れる

新年に出す年賀状なのに、年号がないと通常の手紙になってしまいます。忘れがちですが、必ず入れるようにすることが大切です。印刷に出す前にもチェックしましょう。

広告募集中